IMG.jpgIMG_0001.jpg<萩原流行さんと.jpg東海新報_R.jpg女性セブン.jpg003-vert.jpg
       
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
メディア掲載!


−−−講演実績−−−
倫理法人会
ロータリークラブ
市主催:暮らしの講座
地区講演:健康講座
婦人会:心と健康
働くこと!仕事!お金!
起業について

講演・取材依頼はこちら satoseitai1@gmail.com 


2009年05月19日

外反母趾治療

外反母趾

「外反母趾で靴を履く度に、脳天まで響くような痛み」、

「出かけるのがゆううつ」、「歩くのが恐い」、

「何とかこの痛みから解放されたらどんなに

素晴らしい毎日を過ごせることか」と思い悩んでいる人も

結構多いものです。

思い切って病院に行っても、レントゲンを撮った後、

湿布や飲み薬だけの処置で終ってしまう事が多く、

これといった納得のいく説明や治療をしてもらえないのが現状です。

ひどい場合には、「切らなければ治らない」と言われ、

長い間どうしようかと悩みながら今日まで来てしまったという

女性もよく当院を訪れてきます。 

足の痛みを取り除く事をまず最初に考えてもらいたいのです。


「外反母趾!」と気付いたら、何より先に、

テーピングで痛みを取ることだけを考えて下さい。

手術のことを考えると不安になるばかりか、

冷静な判断ができなくなってしまうからです。

たとえ手術をする場合でも、痛みが取れてから判断しても

少しも遅いことはないのです。

むしろこの方が正しいのです。

「テーピングで痛みを先に取る。」

このことが外反母趾を克服する第一歩なのです。


 今、女性の3人に1人が外反母趾であったり、

それ以外にも足のどこかに痛みやタコなどの異常をもっています。

痛みを感じたら一定期間このテーピングをしてください。

痛みが無くなってくると、自然と考え方に余裕ができ、

あれほど手術をしようかどうか悩んでいたことなどすっかり忘れ、

夢にも思わなくなってくるものなのです。

皆さんも手術をしないで治したいと願っているはずです。

テーピング方法は当院でお教えいたしますので

お気軽に相談して下さい。

posted by 佐藤健 at 08:44| Comment(0) | 外反母趾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。