IMG.jpgIMG_0001.jpg<萩原流行さんと.jpg東海新報_R.jpg女性セブン.jpg003-vert.jpg
       
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
メディア掲載!


−−−講演実績−−−
倫理法人会
ロータリークラブ
市主催:暮らしの講座
地区講演:健康講座
婦人会:心と健康
働くこと!仕事!お金!
起業について

講演・取材依頼はこちら satoseitai1@gmail.com 


2009年10月30日

菊池雄星くんは・・・

菊池くんは花巻東、今日来てくれたのは一関学院の野球部員でした!



スポーツナビの記事から
菊池、「語り継がれる投手に」=潔く、笑顔で第一歩へ
プロ野球・ドラフト

 進路を国内に絞った25日の表明会見で涙を流した菊池が、笑顔になった。6球団の入札の末、交渉権は西武に。米大リーグにあこがれる超高校級左腕は、同じく甲子園を沸かせた先輩の松坂(レッドソックス)が巣立ったチームをプロ生活の出発点に選ぶことになる。
 抽選の光景は両親、佐々木監督らと応接室で見守った。西武の渡辺監督が当たりを示した瞬間、「やっとスタートラインに立てて、ホッとした」。くじで人生が決まる、との批判の声も強いドラフトの運命は潔く受け入れる。最初に着るユニホームの色は、18歳にとってすべてではない。
 涌井、岸ら世代の近い先輩投手から、技術を吸収する心積もり。メジャーが競って獲得に乗り出した逸材は「真っすぐしか投げられない、自分のレベルはまだまだ甘い」と謙虚。その一方で、大きな夢が自然と口を突いて出る。「雄星みたいな投球をしたい、と語り継がれるよう、球界の顔となる投手になりたい」。それは「日本の方全員に認められてからメジャーに挑戦したい」と言った進路表明につながる。
 カメラの激しいフラッシュに戸惑った様子も見せたが、仲間に胴上げされ喜びが広がった。「花巻の菊池雄星ではない、1人の人間としてスタートを切る」。争奪戦からの解放感はつかの間。競争社会に飛び込む号砲が鳴った。 


菊池くんは施術したことはないですが、本日は一関学園の野球部の選手がわざわざきてくれました。

一生懸命スポーツをしている子は本当に素直でいい顔しています。


野球はこれからオフシーズンですが、

春の選抜に向けて怪我のないように練習してほしいです^^


さとう整体はスポーツする人を応援します!!!



今日もたくさんのご来院
ぴかぴか(新しい)ありがとうございますぴかぴか(新しい)

posted by 佐藤健 at 17:08| Comment(0) | 嬉しい報告^^ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。