IMG.jpgIMG_0001.jpg<萩原流行さんと.jpg東海新報_R.jpg女性セブン.jpg003-vert.jpg
       
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
メディア掲載!


−−−講演実績−−−
倫理法人会
ロータリークラブ
市主催:暮らしの講座
地区講演:健康講座
婦人会:心と健康
働くこと!仕事!お金!
起業について

講演・取材依頼はこちら satoseitai1@gmail.com 


2011年09月28日

そろそろ立ち上がろう!!!

今日は、東京の友人と電話で久しぶりに
長電話してしまいました^^;

震災直後に連絡がつかない時も
何とか連絡手段がないものかと
いろいろと手を打ってくれていた友人です。

彼は、震災後に連絡がついたときに

「あなたは絶対に逃げぬいて次のことを
もう考えているでしょう^^ただ一日も早く
元気な声を聴きたかったんですよ^^」

と軽く言ってくれた本当に大切な友人です。

彼と久しぶりに話して聞いたことは
被災地の方々にはキツイ言葉かも
しれませんが、現実だと感じました。

関東、関西の方々は震災から半年が過ぎ
被災地のことは冷ややかな目で見ていると
いうことと、支援に頼り切って何もしていない人たちへの
批判的な状況があるということを聞きました。

被災地で必死に活動している方々を目の当たりに
してきた私にとっては悲しい情報でしたが、
実際にそう感じている方が多いという現実は
認めざるを得ません。

確かに、人任せの方々はいますし、求人情報が
出ても全く反応がないという企業の話も聞いて
いますので、仕事がないのではなく、

「とりあえず、まだ大丈夫だから仕事はしない。」

という人もいるのだと思います。

震災から半年以上が経ち、今日現在でも
さまざまなところからボランティアの方々が
来て汗だくになって作業をしています。

地元のでもそのボランティアの方々と共に
作業をしている方はたくさんいます。

一方、何もせず、支援などに頼り切っている
人たちもいるという現実・・・

そろそろ立ち上がりましょう。

一歩足を前に踏み出しましょう。

本当につらい思いをしている方々が
人任せな人たちと同様に冷ややかな
目で見られていると聞くと本当に
悲しくて悔しくて・・・


今回、友人と話して、私自身良い刺激に
なりました。

また、いろいろと考えさせられました。

出来ることしかできませんが、自分の
キャパをフルにつかって行動して
行きたいと思います。


なんだか、よくわからない日記になって
しまいましたがとにかく前進していきたいと
思います。

電話でいろいろ教えてくれた友人には
本当に感謝です。

ありがとうございます。

皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。



posted by 佐藤健 at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。