IMG.jpgIMG_0001.jpg<萩原流行さんと.jpg東海新報_R.jpg女性セブン.jpg003-vert.jpg
       
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
メディア掲載!


−−−講演実績−−−
倫理法人会
ロータリークラブ
市主催:暮らしの講座
地区講演:健康講座
婦人会:心と健康
働くこと!仕事!お金!
起業について

講演・取材依頼はこちら satoseitai1@gmail.com 


2011年01月25日

腱板の炎症!

五十肩は関節の周囲に炎症が
起こる病気なのですが、その炎症が
最も多く起こる場所が「腱板」なのです。

腱板で炎症が起こりやすい
理由は2つあります。

ひとつめの理由は腱板自体の性質です。
腱板は線維組織からできているため、
加齢とともにもろくなりやすいです。

しかも、もともと血管が少ない部位で、
いったん傷つくと修復されにくい性質があるようです。

50歳代は老化が進みやすい年代ですから、
ちょっとした力が加わるだけで傷ついて、
炎症を引き起こしやすくなることが考えられます。

腱板で炎症が起こりやすいふたつめの理由は、
腱板の中でも「棘上筋」の腱板は構造的に炎症を
起こしやすくなっていることです。

肩峰の下の面と骨頭との間が狭く、
腕を上げるたびに腱板が肩峰にあたります。

この衝突が長年にわたって繰り返されるうちに、
腱板が傷んで炎症を起こすようになるのです。

こうして腱が傷んで炎症を起こすことで
滑液包や関節の内部にも炎症が波及
するのが五十肩の原因であろうと考えられます。

なんだか難しいですね^^;

最近、腕が上がらないと来院される方が
多いのでまた五十肩についてかきたいと
思います(o^^o)

posted by 佐藤健 at 22:22| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

なぜ五十肩???

いつもご来院していただきまして
ありがとうございます^^

五十肩についてかいてみます!


なぜ、五十肩が起こるのか、
肩の仕組みについて説明します。

 一口に肩といいますが、これが
なかなか複雑な構造をしています。

肩は、前後・左右に動くのはもとより、
ほぼ360度にわたって回転でき、
人体の関節の中では最も動く
範囲が広い関節です。

しかし、こうした多用な動きに
対応するために、肩関節の
仕組みはかなり複雑なのです。

 肩関節とは、腕の骨である
「上腕骨」と、「肩甲骨」との
つなぎ目を指します。

上腕骨の上端にある丸い
「骨頭(こっとう)」は肩甲骨の
くぼみにはまりこんでいます。

このくぼみは非常に浅くできて
いるために、上腕骨の動く範囲が
広いという反面、はまり方が浅いので、
関節が不安定で脱臼しやすい
という弱点があります。

関節を取り囲む袋(関節包)が
ありますが、十分に強い
とはいえません。

 肩関節の周りは「肩甲下筋」
「棘上筋(きょくじょうきん)」
「棘下筋」「小円筋」という複数の
筋肉が前から上、後へと順番に
取り巻き、支えています。

これらの筋肉の周りには、
「滑液包(かつえきほう)」
という袋があって、潤滑油の
ような働きをする「滑液」をつくり、
筋肉と腱の動きをよくしています。

 さらに、肩甲骨と鎖骨は
いくつもの靭帯でつながっています。

これらの筋肉はそれぞれ、コラーゲンの
線維から成る「腱」によって、骨と連結
されています。

腱は平べったい、板のような
形をしていることから「腱板」と
呼ばれます。

この腱板は、関節を安定させるために
役立っているのですが、この「腱板」が
五十肩の発症にかかわっています。


つづく・・・

posted by 佐藤健 at 22:43| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

肩が上がらない方が・・・

四十肩、五十肩で来院される方が多いです!

ほとんどの場合、病院に行って薬と湿布を渡され
改善の兆しもないままの方が多いようです!

病院に行かれてから当院に来られる方が
多いので四十肩、五十肩について
数回に分けてお話したいと思います!

五十肩になる原因は、まだはっきりと
わかっていないのが現状です。
これまでの経験から、腕を上げた
状態で長時間作業をしたあとに
おこりやすいいうことはいえます。

特に、樹木の手入れをしたあとや
大掃除で高い場所を拭き続けたあとに
発症することがよくあります。

ものを持ち上げようとした瞬間や、
テニス、ゴルフのスイングなどの
最中に突然激痛におそわれ、
それ以降、肩を動かすたびに
痛むケースも多いようです。

また、ムリな姿勢をとったり、
打ち身を起こしたことから
五十肩になったという場合もあります!

思い当たるところはありますか?

肩のメカニズムや運動を知ることで
予防や対策になればと思いますので

次回は、肩のメカニズムをお話したいと
思います^^

いつも当院をご利用いただきまして
本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

これからも全力で皆さんの
身体のサポートをさせていただきます!

お気軽に相談いただければ嬉しいですわーい(嬉しい顔)

posted by 佐藤健 at 23:50| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

肩こり解消 肩こり解消

九月ももう少しで終わりです!

大分、寒くなってきました(>_<)

温度差が激しいので体調管理には十分気をつけて下さい!

最近、肩こりがヒドイ方が多いです!

肩こりが原因の頭痛の方もよく来院されます。

肩こりの簡単な解消法をご紹介します。

まずは姿勢!
猫背になっていませんか?

姿勢が悪いと背中から首にかけて、筋肉が硬直しやすくなります。常に姿勢を良くするのは大変ですから、時々で良いので背中を反ったり、腰をねじったりしましょう!
それからお風呂などで身体を十分に温めるようにして下さい!

温まったら肩、首をゆっくりまわし可動域を広げるようにします。
温まった状態で行うとある程度の筋肉の硬直は和らぎます。

首にタオルを丸めたものなどを入れ、数分仰向けになるのも効果的です!

これから益々寒くなってきますのでマフラーなどで肩から首を冷やさないようにするようにしましょう(^^)

スポーツをされる方はストレッチを忘れずに(^_−)−☆

継続は力です!

posted by 佐藤健 at 23:40| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

四十肩・五十肩 改善報告^^v

40代男性&50代男性

偶然にも二人とも同じ症状で来院病院

左肩がいたくて、腕を上げられない様子もうやだ〜(悲しい顔)

一人はサービス業の方、もう一人は会社員の方でした。


お二人とも背中の張りが強く、肩胛骨周辺はカチコチバッド(下向き矢印)

頸椎、胸鎖関節ともに歪み。

全身の筋肉を緩めてから肩の調整に入りますぴかぴか(新しい)


肩内部の烏口突起周辺硬直状態がく〜(落胆した顔)

腕をゆっくり回しながら、肩周辺の筋肉の調整あせあせ(飛び散る汗)

少し痛い思いをしていただきましたが、もうやだ〜(悲しい顔)

お二人とも何とか腕が上がるようになりましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


ただ硬直状態が強かったので2日後にもう一度治療することに

しました手(パー)

サービス業の方は連休中もお忙しいようでなんとか今度の施術で

完治できればと思いましたわーい(嬉しい顔)


お二人とも喜んでお帰りいただいたので本当に良かったと思います。



四十肩、五十肩でお悩みの方に一言キスマーク

「治らないとあきらめてしまうとせっかく治るものも治らなくなって

しまいますもうやだ〜(悲しい顔)あきらめずに必ず治るという気持ちを持ち

ましょうわーい(嬉しい顔)


一度。お問い合わせ下さい。
posted by 佐藤健 at 13:39| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする