IMG.jpgIMG_0001.jpg<萩原流行さんと.jpg東海新報_R.jpg女性セブン.jpg003-vert.jpg
       
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
メディア掲載!


−−−講演実績−−−
倫理法人会
ロータリークラブ
市主催:暮らしの講座
地区講演:健康講座
婦人会:心と健康
働くこと!仕事!お金!
起業について

講演・取材依頼はこちら satoseitai1@gmail.com 


2014年11月25日

東海新報杯 小学生バレーボール大会

東海新報杯

大船渡バレーボールスポーツ少年団!
見事優勝!

なんと2連覇です^^

東海新報杯 優勝 - コピー.jpg


大船渡
猪川
立根
キッピン
越喜来・日頃市
ブルーサンダーズ
土渕
遠野

8チームで争った東海新報杯

怪我もなく無事に終わることが出来ました。

私もマネージャーとしてベンチに入っていたので
どこのチームも怪我なく終了し安心しました。

来月初めも大きな大会があります。
全国目指してがんばれー(^_-)-☆



さとう整体は
スポーツをする人を応援しています!!!

posted by 佐藤健 at 15:53| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

1月もあっという間に・・・

一月も今日で終わりですね!

毎日、たくさんの方々とお話しさせていただいております。

最近は、学生さんの施術も多く、話していると若返ります^^

陸上部や、野球部、テニス部、バレー部などなど・・・

それから高校3年生は、大学受験真っ最中なので
肩こりや頭痛の子も多いです!

若いのに・・・

と思われる方もあると思いますが、最近は
小学生の患者さんも多いんですよ!

骨盤のゆがみ、姿勢の悪さなどで身体のバランスが
崩れている子が多いです!
 
食生活はもちろん、姿勢にも十分注意しましょう!!


先日、うちの次女も所属している大船渡バレーボールスポーツ少年団!
めんこい杯地区予選で初優勝させていただきました^^

私もなぜかベンチに入っていました!

IMG_8907 (1).JPG

来月の県大会に向け、練習にも熱が入りますね!

インフルエンザも流行してきているので体調管理には
十分に気を付けましょう!


さとう整体も仮設店舗で再開して2年が経過・・・

そろそろ本設の準備にも本腰を入れなければ!



posted by 佐藤健 at 10:44| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

結成6年目初V さんりくVBCが全国へ

 ㈶日本バレーボール協会・日本小学生バレーボール連盟・読売新聞社主催の「第30回全日本バレーボール小学生大会」県大会は27日、八幡平市の市総合運動公園などで決勝トーナメントが行われた。女子は大船渡市の「さんりくバレーボールクラブ」が初優勝を飾り、8月に開催される全国大会(東京都が主会場)へ駒を進めた。
 大会には男子21、女子81チームが参加。気仙からは、男子が大船渡ブルーサンダーズ、陸前高田、女子は大船渡、猪川、日頃市、立根Jr99、越喜来、さんりく、キッピン、綾里、下矢作、横田、竹駒、気仙、高田、米崎フェニックス、小友、広田、世田米、有住が出場した。
 このうち順当に勝ち上がったさんりくは、今年2月に行われた県小学生バレーボール新人大会でも優勝を争った金ヶ崎と決勝戦。コート、ベンチが一丸となったプレーで危なげなく勝利し、チーム結成6年目にして同大会初優勝を果たした。
 柳本義弥監督は「サーブで相手を崩し、早い攻撃を仕掛けるというチームの長所を、一番良い形で決勝戦に出すことができた」と振り返り、「全国大会では県の代表という自覚を持つとともに、よそのチームの良いところを吸収してきたい」と豊富を語った。
 このほか、猪川チームも3位入賞を果たすなど活躍を見せた。気仙勢の大会結果とさんりくのメンバー次の通り。
 【男子】
 ▽1回戦
大船渡2―0佐倉河
雫  石2―0陸前高田
 ▽準々決勝
花  巻2―0大船渡
 【女子】
 ▽1回戦
下矢作2―0母  体
気  仙2―1月ヶ丘
竹  駒2―1田  老
 ▽2回戦
さんりく2―0羅  賀
小  本2―1下矢作
猪  川2―1雫石排球団
気  仙2―1上長山
大  新2―0竹  駒
 ▽準々決勝
さんりく2―0小  本
猪  川2―0気  仙
 ▽準決勝
さんりく2―0栗  林
金ヶ崎2―0猪  川
 ▽決勝
さんりく2―0金ヶ崎
 ※さんりくバレーボールクラブ▽監督=柳本義弥▽コーチ=橋本香織▽マネージャー=細谷育人▽選手=熊谷沙耶(主将)、熊谷李来、及川奈津子、笹浦星奈、平田このみ、及川日向子、刈谷志乃美、佐藤皆、川畑千夏、大津果穂、鈴木佐和子、熊谷李美



東海新報さんの記事より

全国大会出場おめでとう^^
思いっきりプレーしてきてくださいねっ(^o^)

さとう整体はスポーツする皆さんを応援しています!!
posted by 佐藤健 at 16:01| Comment(2) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

春季東北地区高校野球速報

本日、岩手県内の2球場で春季東北地区野球の東北大会が開催されています。

大会速報です!

【岩手県営球場】
▽1回戦
専大北上 5−3 東陵
▽2回戦
東日本国際大昌平 − 花巻東(13時)

【花巻球場】
▽1回戦
双葉 − 横手(試合中)
▽2回戦
光星学院 − 仙台育英(14時)

河北新報さんの記事より




1回戦 専北勝利おめでとう^^

県勢が頑張っていると熱くなってきますねっ!

ブログでも書いたように親戚も出場しているので

頑張って欲しいです!

大会が終わったらメンテナンスしてあげるからねー\(^_^)/
posted by 佐藤健 at 13:05| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

県勢3校、旋風なるか 春季東北高校野球10日開幕

第57回春季東北地区高校野球大会は10日、盛岡市の県営球場と花巻市の花巻球場で熱戦が始まる。14日まで5日間にわたり各県代表18校が「東北一」を目指し激突する。県勢は久慈(第1代表)、花巻東(第2代表)、専大北上(第3代表)が出場。10日は専大北上が東陵(宮城第3)との開幕試合(1回戦)に臨み、花巻東は2回戦で東日本国際大昌平(福島第2)と対戦。久慈は11日に大曲工(秋田第2)と2回戦でぶつかる。前回大会優勝の盛岡大付に続き、2年連続の岩手旋風はなるか。県代表3校の戦いは夏の岩手大会への「試金石」としても注目を集めそうだ。

 エース菊地に安定感 久慈(25年ぶり3度目出場)
 春の県王者久慈は主戦菊地和大(3年)が4戦35イニングを1人で投げ抜き2失点と抜群の安定感で、34年ぶりの優勝に大きく貢献した。
 菊地は打っても4番を務め、チーム最多の4打点。2番山田佳晃(3年)は4戦すべてで安打を放ち、5番下舘智哉(3年)、6番工藤滉司(3年)はともに打率4割を超えるなど頼もしい。
 県決勝はバントゼロで強攻策を貫くなど選手の個性を生かした思い切りのいい野球を貫いた。投打の勢いを東北大会でも発揮できるかが上位進出の鍵になる。

 初戦の大曲工(秋田第2)は打撃力に自信を持つ。久慈は県大会同様、ロースコアに持ち込み終盤の集中打で競り勝ち再び旋風を起こしたい。

 充実の投手陣と堅守 花巻東(3年連続6度目出場)
 県大会準優勝で涙をのんだ花巻東は、充実の投手陣と堅守で東北王者を目指す。制球力のある主戦右腕伊藤創、テンポ良く打たせて取る左腕長原拓、甲子園経験のある左腕吉田陵ら3年生投手陣は、それぞれ完投能力がある。
 打線は県大会でチーム打率2割4分8厘と苦しんだが、2番長原が5戦8盗塁を決めるなど機動力が光った。3番佐々木大樹主将(3年)は長打力があり、5番山本英(2年)は打率4割7分4厘をマーク。1番太田知将、4番大谷翔平の1年生コンビが復調すれば得点力は増すだろう。

 初戦は東日本国際大昌平(福島第2)。花巻東は主戦左腕の引地航(3年)を攻略できるか。相手を揺さぶり、しぶとい攻撃を徹底したい。

 つなぐ打撃に破壊力 専大北上(4年ぶり14度目出場)

 専大北上は昨秋東北8強を上回りたい。県大会でチーム打率3割6分の打線は勢いに乗ると止まらない。
 決して大振りせず、つなぐ打撃を意識。ビッグイニングをつくる破壊力も兼ね備える。1番梅津隆純(3年)は打率4割7分1厘の切り込み隊長。2番平野伸(3年)も高い出塁率を誇る。3番佐々木光司(3年)は本塁打を放つなど計7打点。9番鈴木慶一郎(3年)がチームトップの打率6割2分5厘をマークし、上位から下位まで切れ目のない打線が完成した。

 東陵(宮城第3)との1回戦は開幕試合。相手に合わせた試合運びを脱却し、好機を逃さず確実に1点を積み重ねる集中力を発揮できるかがポイントになりそうだ。

kouya1006091.gif
                              岩手日報さんの記事より


ちなみに専北の1番 梅津君は親戚なんですわーい(嬉しい顔)

切り込み隊長exclamationの名をもらっていますから、思い切り切り込んでくれることを願っています。

岩手県勢の健闘を祈りますぴかぴか(新しい)

posted by 佐藤健 at 14:21| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

久慈、25年ぶり4強 春季高校野球県大会

第57回春季東北地区高校野球県大会第3日は22日、野田村ライジングサンスタジアムと種市オーシャンビュースタジアム(洋野町)で準々決勝4試合を行った。地元の久慈が主戦菊地和大(3年)の力投で盛岡一に4−0で勝ち、25年ぶり3度目の4強進出を果たした。  専大北上は7−0の八回コールドで一戸に完勝した。花巻東は注目の右腕風張蓮(3年)を擁する伊保内を14−5の七回コールドで圧倒した。堅守を武器とする大船渡は2−1で一関一に競り勝った。

 第4日の23日は野田村ライジングサンスタジアムで準決勝2試合を行い、本県開催の東北大会(6月10〜14日)に出場する代表3校のうち2校が決まる。

大黒柱、投手に力 久慈・菊地

久慈はエースで4番を務める左腕菊地和大(3年)が投打でチームを引っ張った。盛岡一打線を散発の3安打に抑え完封。25年ぶりの4強入りの原動力となった。

 直球とスライダー、カーブを低めに集める丁寧な投球で、ゴロとフライの山を築いた。内野陣も二、七、八回の3度併殺を完成させ、無失策でもり立てた。「バックに助けられた。先頭を絶対に出さないように心掛けた。相手投手陣はとても良いので、投げ勝ったのは自信になった」とはにかんだ。
 打っては2−0で迎えた六回、低めのスライダーをフルスイングし、右越え二塁打で2点を加えた。チームにとっても、マウンドに立つ自身にとっても大きな追加点。相手最終打者から三振を奪うと、歓喜の輪ができ喜びを爆発させた。
 投打の大黒柱は次戦に向け「この試合のように守ってもらって良いリズムで投げて失点を抑え、東北大会に出場したい」と意気込んだ。君ケ洞卓朗監督は「(菊地は)よく粘って投げた。相手の方が力は上。野手陣も思い切りよく、受け身にならなかったのが勝因」と手応えを口にした。
 昨夏県準優勝の盛岡一は四球で得たチャンスを併殺でつぶし、良い当たりも野手の正面と、あと1本が出なかった。失策がすべて失点に絡む嫌な展開に、杉田清彦監督は「収穫も何もなし。これが精いっぱい。一から鍛え直さないと」と厳しい表情だった。


◇第3日(5月22日)の試合 ▼準々決勝

【野田村ライジングサンスタジアム】【洋野町・種市オーシャンビュースタジアム】
  ▽第1試合
  大船渡2−1一関一

  ▽第2試合
  花巻東14−5伊保内
 (7回コールド)
  ▽第1試合
  専大北上7−0一戸
 (8回コールド)

  ▽第2試合
  久慈4−0盛岡一
岩手日報さんの記事より

posted by 佐藤健 at 12:11| Comment(4) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

専大北上が延長で本領 春季高校野球、8強出そろう

 第57回春季東北地区高校野球県大会第2日は21日、野田村ライジングサンスタジアムなど4球場で2回戦8試合を行い、夏の岩手大会シード校となる8強が決まった。昨秋東北ベスト8の専大北上は延長十回に一挙8点を奪い、14―6で最多41度目出場の福岡を振り切った。花巻東は中平蓮(3年)の右越え3点本塁打で宮古商に5―2でサヨナラ勝ちした。一関一は3―1で地元の久慈東を下し、大船渡は7―1で水沢一を圧倒。好投手風張蓮(3年)を擁する伊保内は7―0の七回コールドで盛岡三に大勝した。15年ぶり出場の一戸は5―0で花巻北を退け準々決勝に進出。盛岡一は高田に10―3で七回コールド勝ちし、久慈も9―1の八回コールドで水沢工を下した。第3日の22日は、野田村ライジングサンスタジアムと種市オーシャンビュースタジアム(洋野町)で準々決勝4試合を行う。

延長十回、打の専大北上が本領発揮。8安打を集めて8点を挙げ、福岡を最後の最後に圧倒した。

 リードを奪っては追いつかれる展開。2―2の七回には4点を奪って主導権を握ったかに見えた。しかし粘る福岡は七回には3安打に敵失も絡めて3点。八回には2死から陳場紀行(3年)の左越えソロ本塁打で6―6と振り出しに戻した。
 専大北上は八回、先頭打者の二塁打でつくった1死一、三塁の好機をスクイズ併殺で失い、九回の勝ち越し機もスクイズを失敗するまずい攻め。白浜暁監督は「ミスはしょうがない。その分、打ち返せ。低めは捨てて高めを狙え」と指示。開き直った打線は十回、白浜監督の弟・陸(3年)の中前打を皮切りに敵失を絡めて無死二、三塁と攻め、鈴木慶一郎(3年)の右中間2点二塁打で勝ち越した。
 その後も相手投手の甘い球を見逃さずこの回8安打。二塁打2本のチーム最多4打点と活躍した鈴木は「次の打者もつないでくれると信じていたので楽に打てた」と喜んだ。
 福岡とは2008年秋、昨春、昨夏と対戦が続き、コールド負けした昨夏の雪辱を果たした。日山篤主将(3年)は「夏の借りを返そうとコールドを狙ったが相手も粘ってきた。けれど打ち勝つ野球ができた。後は全力で一つ一つ勝っていくだけ」と引き締めた。

 (中村)

【写真=専大北上―福岡 延長10回表専大北上無死二、三塁、鈴木が中越え適時二塁打を放ち、8―6と勝ち越す。捕手山本、球審下天广=二戸市・大平球場】


◇第2日(5月21日)の試合 ▼2回戦

【野田村ライジングサンスタジアム】【軽米町・ハートフル球場】
  ▽第1試合
 一関一3−1久慈東

  ▽第2試合
  大船渡7−1水沢一
  ▽第1試合
  花巻東5−2宮古商

  ▽第2試合
  伊保内7−0盛岡三
 (7回コールド)
【二戸市・大平球場】【洋野町・種市オーシャンビュースタジアム】
  ▽第1試合
  専大北上14−6福岡
 (延長10回)

  ▽第2試合
  一戸5−0花巻北
  ▽第1試合
  盛岡一10−3高田
 (7回コールド)

  ▽第2試合
  久慈9−1水沢工
 (8回コールド)


岩手日報さんの記事より

posted by 佐藤健 at 16:01| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

春季高校野球 岩手県大会

第1日(5月20日)の試合結果

【野田村ライジングサンスタジアム】【軽米町・ハートフル球場】
  ▽第1試合
 一関一10−0大迫
 (5回コールド)

  ▽第2試合
  水沢一4−1盛岡中央

  ▽第3試合
  大船渡3−1一関学院
  ▽第1試合
  花巻東2−1盛岡大付

  ▽第2試合
  宮古商5−2金ケ崎

  ▽第3試合
  盛岡三3−0水沢商
【二戸市・大平球場】【洋野町・種市オーシャンビュースタジアム】
  ▽第1試合
  専大北上8−3不来方

  ▽第2試合
  花巻北12−0岩泉
 (5回コールド)

  ▽第3試合
  一戸3−1大東
  ▽第1試合
  高田6−5山田

  ▽第2試合
  盛岡一4−3大船渡東

  ▽第3試合
  水沢工3−0盛岡市立


岩手日報さんの記事より
posted by 佐藤健 at 12:16| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

大船渡勢が勝ち上がる!

大船渡勢が勝ち上がる
高校野球予選住田は無念の初戦敗退


第57回春季東北地区高校野球大会の沿岸南地区予選は8日、陸前高田市の高田松原第1球場で始まった。大船渡東と大船渡が初戦を突破し、代表決定戦に進出した。
 今予選には気仙地区4校と釜石2校、大槌1校の7校が出場し、春の高校野球県一を決める県大会(20日開幕、久慈、二戸市)への出場権三つを競う。
 初日のこの日は、1回戦3試合を実施。好天に恵まれ、多くのファンも詰めかけた。
 第2試合では大船渡東と住田が対戦。4点差を追いつかれた大船渡東は六回に三条の安打を足がかりに勝ち越し、そのまま逃げ切った。住田は無念の初戦敗退を喫した。
 大船渡は第3試合で大槌と対戦。大船渡は初回に金野の犠飛などで2点を先制、その後も着実に加点し快勝した。
 9日は同球場で代表決定戦2試合を実施。第1試合(午前10時予定)では高田と釜石商工が、第2試合(午後0時20分予定)では大船渡東と大船渡が対戦する。初日の戦績次の通り。
 ▽第1試合
釜石商工4―2釜  石
 ▽第2試合
住  田
000004000|4
04000201x|7
大船渡東
 (住)佐々木元、菅野博、荒木―村上琢
 (東)小野寺、千田―三条
 三塁打=佐々木龍、千田(東)
 二塁打=小野寺、三条(東)
 ▽第3試合
大船渡
24000101|8
00100000|1
大 槌
  (八回コールド)
 (船)上野史、千田―氏家
 (槌)佐々木将―三浦
 二塁打=新沼俊(船)三浦(槌)


東海新報さんの記事より引用。
posted by 佐藤健 at 09:25| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

越喜来女子がV 北上カップバレーボール大会

第18回北上カップ中学選抜バレーボール選手権大会(北上市バレーボール協会主催)は2日、3日の両日、北上総合体育館ほか5会場で開催され、越喜来中学校女子バレー部が見事優勝した。
 今大会には県内外から男女合わせて52チームが出場。このうち気仙からは女子の部に吉浜、大船渡一、越喜来、横田、日頃市の5チームが、男子の部に大船渡が出場。
 32チームが参加した女子は、8組による予選リーグが行われ、各組上位2チームが決勝トーナメントへ駒を進めた。気仙勢はすべて予選突破を果たした。大船渡男子は予選敗退した。
 決勝トーナメントには16チームが進出。越喜来は全試合ストレート勝ちで堂々の優勝。


気仙勢の試合結果と越喜来のメンバー次の通り。
 ◆決勝トーナメント
 ▽1回戦
ハートエ
ンジェル2─0吉  浜

大船渡一2─1金ケ崎
越喜来2─0川  井
横  田2─0花巻北
日頃市2─0江釣子
 ▽2回戦
越喜来2─0大船渡一
横  田2─1日頃市
 ▽準決勝
越喜来2─0横  田
 ▽決勝
       ハートエ
越喜来2─0ンジェル
       ス



※越喜来▽監督=千葉政弥▽コーチ=中村正樹

 2010年05月08日付 6面


東海新報さんの記事より引用。
posted by 佐藤健 at 08:38| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

県大会目指して激突

県大会目指して激突むかっ(怒り)マクドナルド杯が開幕
 
高円宮賜杯第30回全日本学童軟式野球大会マクドナルドトーナメント岩手県予選市内大会が5日、大船渡市三陸町の三陸運動公園で開幕した。選手たちは準決勝進出をかけて熱戦を繰り広げた。
 小学生にとっては本年度最初の公式戦で、6月に大船渡市で行われる県大会出場権二つをかけて争う。
 市内のスポ少12チームが出場し7イニング制トーナメントで戦う。
 この日は1、2回戦4試合を実施。雲一つない晴天の下で選手らははつらつとプレーしていた。父母らも多数スタンドに詰めかけ大きな声で選手らを応援していた。
 大会2日目の8日(土)は4試合を予定。準決勝、決勝は9(日)の午前9時から開始。5日の戦績次の通り。
 ▽1回戦
蛸ノ浦18─0崎  浜
大船渡6─0越喜来
 ▽2回戦
蛸ノ浦7─4赤  崎
大船渡7─3立  根



東海新報さんの記事より引用。
posted by 佐藤健 at 10:42| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

若鮎横田カップバレー

第4回若鮎横田カップ中学生バレーボール大会は29日、陸前高田市の横田中学校体育館などを会場に行われた。岩手、宮城両県からのチームが熱戦を繰り広げ、同市の小友米崎が優勝を飾った。
 大会は、競技を通して心身の向上を図ろうとする選手らが集い、明るくさわやかな交流を深めようと開催。実行委員会が主催し、同校PTAと育成会OGが後援した。
 今年は最多の12チームが参戦。気仙からは小友米崎、気仙、大船渡一、大船渡、越喜来、吉浜、横田がエントリーした。
 試合は3チームずつ4ブロックによる予選リーグ戦と、各ブロックの1位、2位、3位ごとに分かれてのトーナメント戦を展開。頂点を争う激しい戦いが繰り広げられた。
 その結果、小友、米崎両校の合同チームが優勝。2位は石巻VEXT、3位は横田と大船渡だった。
 戦績と優勝チームメンバー次の通り。
 ◇予選
 ▽Aブロック=@横田(2勝)A涌谷(1勝1敗)B飯豊(2敗)
 ▽Bブロック=@石巻VEXT(2勝)A米内(1勝1敗)B越喜来(2敗)
 ▽Cブロック=@小友米崎(2勝)A大船渡一(1勝1敗)B綾織(2敗)
 ▽Dブロック=@大船渡(2勝)A吉浜(1勝1敗)B気仙(2敗)
 ◇3部トーナメント
 ▽準決勝
綾  織2―0飯  豊
越喜来 2―0気  仙
 ▽決勝
越喜来 2―1綾  織
 ◇2部トーナメント
 ▽準決勝
大船渡一2―0涌  谷
米  内2―0吉  浜
 ▽決勝
大船渡一2―0米  内
 ◇1部トーナメント
 ▽準決勝
小友米崎2―0横  田
石巻VEXT2―0 大船渡
 ▽決勝
小友米崎2―1石巻VEXT
 ※小友米崎▽監督=奥山泰彦▽コーチ=戸羽理智▽選手=佐藤亜紀(主将)、遠藤礼媛、戸羽あすか、高松瑞希、及川絵美、新沼聖羅、熊谷奈緒
 
2010年05月03日付 6面

東海新報さんの記事より。
posted by 佐藤健 at 12:19| Comment(0) | 学生さん大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。